読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19歳で倒産に追い込まれた忙しい女子大生のおしながき

最近夜職を卒業しました。(借金返済しました。)

Tバック盗まれても返ってくる説

         

             f:id:ak525emerald:20160905123544j:plain

                 photo by http://mihon.1-jp.com/kanji/sa/106.html

 

 つい先日「Tバックを盗まれたのも関わらず返ってくる」っていう衝撃の事件が起きたので、記事にさせてもらいました。本当にくだらない内容ですが、よかったら読んでください!!

 

 

 

Tバックを盗まれた

 そうなんです。唯一持っていた2枚の結構高級なTバックを盗まれたんです。盗まれた経緯は、本当にくだらないんですけど笑

 結果的に、元彼に盗まれました、っていうか盗まれていましたが返してもらいました。現状こういうよくわからない状況です。

 

 

 

犯人はあいつだ!!

 元彼には今年の4月くらいに二股していることをなぜか自己申告されて、私もよくわかんないけど素直に受け入れてフラれる形で別れました。それ以降あんまり相手のことを気にもとめてなかったんですが、あるときに唯一持っていた2枚のTバックがなくなっていることに気づいたんですよね。

 その2枚のTバックは結構高級なやつだったから、なくなったのがショックで。ってか普段から丁重に扱ってたから、なくすとか絶対ありえないなって思ったんですよね。絶対盗まれたって思いました。「じゃあ誰が?」って考えた時に思い浮かんだのが、元彼でした。今の家に唯一入れた男が元彼だったし、相手が実家住みだったこともあって結構頻繁に家に泊りに来てました。だから盗むチャンスはいっぱいあったはず。それにそいつと別れて以来誰も家に入れてなかったから、犯人は元彼だと、そこで確信しました。

 

 

 

しらばっくれる男

 私は別れてすぐ、もらったものを全部相手の実家に送って以来、連絡を取っていなかったのですが、Tバックを盗んだことは許せなくてさすがにLINEしました。そしたら「俺は知らない」って言うんですよね。はぁ?って思いました。お前しかありえないだろうって。そう確信してたから、結構必要以上に問い詰めました。最初はフラれた悔しさも今更になって出てきて、「絶対取り返そう」って躍起になってました。でもそれでもしらばっくれるばかりで、認めもしなかったから、だんだん自分でも「私がどこかにしまったのかな」「どこかで失くしたかな」ってなって自分を疑うようになりました。

 結局最後まで盗んだことを認めなかったので、そして「もしかしたら本当に自分が失くしただけなのかも」っていう思いも日に日に増してきていたので、諦めました。たかがTバック2枚だけど、いろんな思い出があって正直悔しかったけどしょうがないと思って、無理やり納得しました。元彼の連絡先も写真も全部消してやりました。

 

 

 

新しいTバックを購入したのに

 まぁそんなこんなで8月に新しいTバックを購入しました。普段からめちゃくちゃ履くわけじゃないけど、やっぱりお尻にパンツのラインが出るのが嫌な服の時とかは必要なので、買いました!!

 そしたら月末くらいだったかな。元彼から着払いで宅急便が届いたんですね。着払いってとこもかなーりムカつくんですけどね。最初は「なんだろ?」って思ったんだけど、開けたらライダースジャケットが入ってました。そういえば別れた時にライダースジャケットだけはプレゼントじゃないから絶対返してって、私が懇願したのを覚えていたのかな。そのあとにTバックの一件があったから忘れてました。

 「覚えてて、結構いいやつじゃん」って思ったら、ライダースと一緒に段ボールの中にはTバックが入っててww一瞬止まりました。え??みたいな笑。あれだけ「俺じゃない、知らない」って言っていたくせ、まさかのこんな形で罪を認めるとはwwやばくないですか?落ち着いて爆笑しました笑。

 

 

 

「すみませんでした」

 とりあえずなんでこのタイミングで罪を認めて、返却してきたのかはわからなかったし、逆になんのために盗んだのかも謎だったので聞き出そうとしましたが、私の方から一切連絡取れない状況を作っていたので、連絡ができませんでした。まぁ返ってきたんだからいいやって思って、共通の友達に「どうも」って伝えといてってお願いしたら、一言「すみませんでした」って返ってきましたww

 未だに謎が多すぎるけど、とりあえず間抜けな男だなって思いました笑でも使用用途がマジ謎で恐ろしすぎるから、多分もう2度と履くことはないけど、いろんな思い出が詰まってるから洗ってとってあります笑。

 

 

 

最後に

 っていうくだらない話なんですけどww今年1番のネタかもしれません。Tバックを盗むのもどうかと思うけど、返してくれる奴もそうそういないですよね。すいません。こんなくだらない話で。でもこれで「Tバック盗まれても帰ってくる説」は正しいことが証明されましたねww

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!!また読みたかったら読者登録、はてブしてみてね!