読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19歳で倒産に追い込まれた忙しい女子大生のおしながき

最近夜職を卒業しました。(借金返済しました。)

コンビニから夜職まで、学生タイプ別のオススメアルバイトの選び方

 私自身、大学1年生から金融機関でずっとアルバイトを続けています。そのバイトもやりつつ、深夜の工場で働いたり、宅配便のバイトしたり、イベントバイトしたり、居酒屋・ドラッグストアで働いたり、夜の仕事もしました。学生時代に本当に様々なバイトを経験したのでその経験をもとに、タイプ別おすすめアルバイトをまとめてみました。

 

体育会系

 大学生でも部活や運動サークルに所属している人結構いますよね。部活と勉強とバイト、3つの掛け持ちって結構大変ですよね。それでもバイトしないと遊ぶお金もないし。そんな彼らにおすすめしたいバイトです。

  • 引越し屋
  • 土木作業員
  • 宅急便の仕分け
  • スポーツジムのインストラクター
  • ラーメン屋

 引越し屋のメリットは特別なスキルが必要なく、誰でも1日単位から働けるところだと思います。また勤務は基本自己申告制だから、自分の生活に合わせて融通がきく。その一方で、やはり他人のものを運ぶわけだから、傷や破損に対して非常に気をつかう。また、何かとクレームやトラブルが多く、結構面倒くさいし、体力的にもきついのは事実。ただ他のバイトと比べて時給もいいし、引越しの多い4月とかは短期間でかなり稼げるみたいです。

 

 アルバイトの土木作業員は主に軽作業が中心みたいです。だから想像以上に体を使う仕事ではないみたい。こちらも出勤日に融通がきくことが多く、現場はイメージ通り怖そうな人が多くて、些細なことで怒られたりするので精神的に強くなれる。普段から運動部の人は朝が早いはずだから、集合が朝早い土木系は向いているかも。

 

 宅急便の仕分け。これは私も経験したことがあります。基本深夜の工場での仕事だったけど、男性は結構重いもの中心に仕事していたので大変そうでした。また、工場は夏場は暑くて冬場は寒いから、労働環境はいいとは言えない。でも正直結構稼げます

 

 ジムのインストラクターはそのまま、鍛えられるっていうメリットがある。営業開始前や終了後に施設を無料で使えたり、もしくは系列の店舗を特別価格で利用できたりするらしい。なかなか毎月のジムに通うお金がもったいないっていうスポーツマンにはいいかも。

 

 ラーメン屋さんは私の勝手な想像だけど、「運動する→お腹減る→ラーメン食べたい→お金ない→ラーメン屋でバイトすれば賄いで無料で食べられる」っていう流れなだけです。

 

文化系タイプ

 文化系サークルや文化系の部活に入っている人たちです。なんとなく本をすごい読んでたり、特定の分野に関して異常な知識量を持ってるイメージがする。

 本屋のバイトはまさに文化系って感じですよね。本が大好きなイメージがあるから、大好きな本に囲まれてのバイなんて最高だと思う。ただ、本ってやっぱり紙だから運ぶのに体力は必要だし、自分が好きな分野の本だけの知識しか持ってないんじゃダメで、お客様からの質問に答えるだけの知識量が必要だから、日々勉強かも。

 

 塾講師は結構私の友達もやってました。夏休み・冬休み・春休みみたいな長期休暇の時は、夏期講習とかが入るので結構儲かるらしい。でも友達が言っていたのは、想像以上に拘束時間が長いし、時間外労働が多いみたい。授業の予習はもちろん必須だけど時給はつかないし、授業終了後、生徒が帰るまでは教室にいなければならないらしく、その時間も時給がつかないらしい。だからある程度拘束される覚悟は必要ですね。

 

 会社での事務の仕事はまさに私が今やっているバイト。私は金融機関だけど、意外と多くの職種で事務職の学生バイトは求人を出している。時給も平均1000円以上だし、結構稼げますよ。ただ求人票には「データ入力」っていう記載があっても、実際に入社すると必ず電話を使う仕事をしなければならない時が来るから、電話は苦手って人とかは絶対やめたほうがいい。まぁ私も元々はお店予約するときとか電話するの緊張するタイプだったけど、慣れました。むしろ電話対応とか一通り覚えられたのでやってよかったなと思います。

 

 ポスティングは本当に地味な作業で、人との関わりを全く持ちたくないザ・文化系地味人間には向いているかも。ただ夏場・冬場は辛いし、自分の足で歩くから結構大変だい、大したお金にならなそう。

 

もっと細かくタイプ別に分けて、ピンポイントにおすすめするバイ

 

パリピ系

 最近大学生がよく言っている「パリピ」って言葉があるけど、パーティーピーポーの略です。まぁ有名ですよね。私は自分が全くパリピだとは思わないし、そもそもパリピの定義って何だ?って感じですね。仮に日本語で言うところの「お調子者」とか「お祭り男・女」って定義するとしたら、私は全く当てはまらないですね。彼らに向いているバイトはズバリ「海の家」!今年海に行った人はわかると思うけど、最近の海の家はクラブみたいなノリで営業してます。特に私が行った由比ヶ浜海水浴場の海の家の定員さんは、パリピしかいません!定員のくせに音楽にノリノリで仕事してたり、バイト中にナンパしてきたり本当、ザ・パリピです。自分がパリピだと思う皆さん、是非やってみてください!

 

隠れオタク

 オタクでも、普段はオタク感を全く出さない感じの人いますよね。いわゆる隠れオタク。男性の隠れオタクにお勧めしたいのは、ゲオやTSUTAYAなどのレンタルショップブックオフなどの中古本を売っている店。CD、DVDレンタルショップはパッと見オタク感がないけど、たまに特定の2次元のキャラとかのコーナーを作る時、自分が崇拝するキャラとかだったらめっちゃテンション上がりそう。また、中古本の店とかだとマニアックな漫画コーナーとかあって、好きな人にとっては天職そう。

 

コミュ症むっつりスケベタイプ

 私は自分自身がこのカテゴリーに当てはまると思ってます。本当はめっちゃ変態なんだけど、なんていうか素直にそれを外に出せないみたいな。そんな人におすすめするのはズバリ、夜の仕事です。私はもともと本当にコミュ症で、それなりにHも好きで下ネタもイケるのにあんまりオープンにできないむっつりスケベだったんですけど、夜の仕事始めて、人と話すのも苦じゃなくなったし、むっつり感が減りました。割と見た目がそんな派手じゃなくて、清楚系にどちらかというと近かったから、その顔で下ネタとか全然いけるっていうキャラは結構ギャップがあってウケました。最近では変態な感じを隠すことすらしなくなっちゃって、ギャップ萌えなくなっちゃったけど。だからちょっと一皮剥けたいみたいな思いがある学生の方で、お酒が嫌いじゃない方は、お金も稼げるし自分の素も出せるし、コミュ症も改善されるし最高ですよ!!

 

 多くの学生さんはアルバイトで自分のお小遣いを稼いでいると思うけど、どのバイトを選んでも決して楽なものはないと思います。私自身、いろいろ経験した中でもちろん夜の仕事が1番稼げました。それでもきっぱりと辞めて身を引いた理由は、将来性がないと感じたからです。夜の仕事をしている人を責めたりとか、悪い仕事だなんて少しも思いません。彼女たちなりに嫌な思いをしながら、ボーイに詰められながら売り上げあげようと必死で営業しています。でも、1年やってみていい経験にはなったけど、このまま続けることが将来の自分に役立つとは到底思えませんでした。その一方で、信販会社でのアルバイトはもう3年以上も続いています。だから、学生時代はいろんなバイトをやってみて、自分の将来にプラスになると思ったものをメインでやって、後ちょこちょことサブで働いてみるっていうのもアリかもしれませんね。