読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19歳で倒産に追い込まれた忙しい女子大生のおしながき

最近夜職を卒業しました。(借金返済しました。)

様々な休学をする人の理由

f:id:ak525emerald:20160824164024j:plain

 休学をしたことはありますか?多くの人はないと思うけど、欧米では1年間社会人経験するために休学する、いわゆるギャップイヤーというのが浸透していたりするらしい。日本では休学することは普通ではないって捉えられてしまいますよね。そんな中でも様々な理由で休学している人がいるので、その休学理由を求めてみました。

 

海外留学のため

 海外留学目的で休学する人が最も多いんじゃないかなと思います。個人的には、大学1年生からMax履修登録して、フル単でとっていれば休学する必要なく1年ぐらい留学できると思うけど。まぁそう単純なものではないのかもですね。こればっかりは経験者しかわからないのかも。日本は学期が4月始まりだけど、欧米含む世界の多くの国は9月始まりだから、その辺のズレも留学が目的で休む理由かもしれないですね。

 余談だけど、私の元彼氏が台湾に留学してて遠距離恋愛してたんだけど、結局現地で二股してて振られたっていう経験があるから、私は絶対留学しようとは思わない。そいつは語学習得目的で1年休学して行ったんだけど、結局そうやって現地でバイトもせず、日本人同士で固まって、親の金でチャラチャラ遊んでたから、帰ってきてからそもそも時期的に遅れてる就活と単位取得にめちゃくちゃ苦労してた。だから本当ざまぁみろって感じだけど、休学するってやっぱり就職活動とかである程度リスクにもなるのが実際の日本の事情かもしれませんね。

 でも私自身就職活動を通じて思ったのは、留学したこと」それ自体が価値ある時代はもう終わったなってことです。選考の中でグループディスカッションってのがあるんですけど、大体5~6人が1グループになって討論するようなものです。就職活動中に複数回グループディスカッションを経験したけど、その中に必ず1人以上留学経験者がいました。だから留学した経験が珍しい時代は終わってます。留学経験で語学が身につくのは当たり前。それ以外に何を学んだかを説明出来るだけのものがないとダメみたいですね。これは実際に周りを見ていて感じました。

 

海外インターンシップのため

 海外でインターンするために休学する人もいますよね。「将来は海外で働きたい」と考える学生の間で、語学と社会経験の両方を身につけられるから人気らしいです。海外で何かやりたいこと、勉強したいこととかがあって、その手段として現地の言葉が必要っていう状況があれば、格段に語学力がつくと思うから。ただ海外でのインターンシップのためだけに1年休学するのは、若干もったいないのかなっていう印象を持ちます。海外でしか出来ないことってもちろん存在すると思うけど、それは長期旅行の範囲じゃできないのかなって思います。まぁそれでも語学目的の留学より数倍価値あるものになるような気はします。

 

旅行のため

 たまに世界1周旅行で休学する人がいるらしいです。私は見たことないけど。よく社会人の人に「社会人になるとなかなか休みが取れなくて海外旅行とか難しいから、学生のうちに行っておいて方がいいよ」って言われます。多分本当だろうけど、内定もらってから卒業するもでの間に、たくさん海外旅行すればいいんじゃないかなって思いますけどね。まぁある意味この理由で休学という選択をする人は非常に強心臓だなって思います。

 

働くため

 経済的事情で学費を払えなくて、ととりあえず休学して働いてお金を貯めるというパターンです。この状況はしょうがないなって思いますけど、実際に私も学費は自分で払ってましたが、夜の仕事をしてたからなんとか払えたわけで。普通のバイトのみだと奨学金もらっても、学費+東京での一人暮らしの生活費は賄えないだろうなと思います。でも大学によってはそういう人のための奨学金が充実していたりとか、成績優秀者は特待生になれて学費無料の制度とかあるので、ただお金がなくて学費が払えないって人にはきちんと自身の大学の制度調べて欲しいです。

 

仮面浪人するため

 よく大学の図書館で赤本開いて勉強している人いますよね。実体験として、私も元々国立志望でずっと勉強してきたから、不本意にも今の大学に通うことになったので最初は仮面浪人しようと思っていました。だから仮面浪人が悪いとは思わないけど、大学の勉強と両立できないわけではないと思う。実際に1年なり半年なり本気で仮面浪人して、それでも希望の大学に行けない人は、与えられた環境で頑張って成績優秀者になれば就活とかでは絶対プラスに働きます。

 

病気のため

 これはしょうがないですよね。病気になって長期入院が必要とかの時は仕方ないです。何もしないで留年すると学費がかかっちゃうから、休学にかかる費用はその何十分の1ぐらいだからしょうがないですね。

 

妊娠・出産のため

 私が大学1年生の時に所属していたサークルの先輩でも、妊娠して出産を決意し、ギリギリまで大学に通って結局2年くらい休学している人がいました。これは女性限定の休学理由だと思うけど、学生の間に子供を産む決意ができる女性は本当に強いなと思います。

 私はもちろん妊娠したことなんてないけど、仮に妊娠してしまったとしても現状育てられる意志も経済力もないから産まない選択をすると思う。その先輩は結局復学して、普通に就職活動して社会人になっていました。だから、もちろん就活の上で結婚していて子供がいるっていうのは懸念材料にはなるかもだけど、そういう経験があるからできる仕事もあると思います。私みたいに女子大生でありながら会社を潰したり、借金背負ったり、夜の仕事したりしたからこその目線でしか感じられないものもあるし、学生出産経験者だからこその目線を必要としている仕事もたくさんあるから、そういう方には頑張ってもらいたいなって感じます。

 

学生起業するため

 新しく自分でビジネスをする「起業」に挑戦するために休学を選択する学生もいます。インターネットが普及しているから、プラットフォームさえあれば簡単にビジネスを始めることができます。私も19の時に通販サイトを失敗させたけど、あれも大手の通販ショッピングモールっていうプラットフォームがあったからできたことで、今は当時より多くの基盤となるサイトが増えているから、起業すること自体はそんなに難しくありません。ただ安易な学生起業は進めません。私みたいに無知な状態で、根拠のない自信のみで暴走すると必ず失敗します。まずは社会人を経験するなり、インターンで死ぬほど働くなりやってみたらいいと思います。

 

最後に 

 実際に私も正直なところ、後期から1年間休学しようかなって思っています。私の場合は立ち止まって真剣にインターンをして、精一杯働いて力をつけたいのが目的です。戦略的休学です。休学を終えた1年後に、また実体験をもとに何かアドバイスであったり感想を記事にしてまとられたらいいなと思います。