読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19歳で倒産に追い込まれた忙しい女子大生のおしながき

最近夜職を卒業しました。(借金返済しました。)

男子大学生に教えてあげたい、スマートな夜のラブホへの誘い方

f:id:ak525emerald:20160824161939j:plain

 

 

 女性をラブホテルに誘いたい。これはもはや男性の永遠の課題ですよね。なぜなら、女性目線で考えても嬉しいと思うラブホの誘い方は千差万別だから。それに女の子は気まぐれな生き物。せっかくデートまでしてもラブホの誘い方で機嫌を損ねちゃったりすると、そこでそれまでの努力が水の泡。だからラブホの誘い方ってすごく重要。ラブホに行く前のデートの段階から、女性目線でこうしてほしいなっていうのをまとめてみました。

 

 

 

ラブホ街から離れた場所をチョイス

 よく1軒目でラブホテル周辺のお店をチョイスする人がいるけど、個人的には非常に嫌ですね。だってその店に向う道中で必ずラブホ街が目に入るし、「あぁ、身体目的なんだな」って思っちゃいますよね。

 例えば、渋谷のラブホ街だと道玄坂あたりが有名で、渋谷のクラブとかラブホテルが固まっている場所だけど、意外におしゃれなごはん屋さんとか、雰囲気のあるバーみたいなのが固まっている場所ですよね。でも1軒目で道玄坂近辺のお店をチョイスされたらなんかやっぱり勘ぐってしまうし、余計「意地でもラブホに行くかっ」って気持ちになりますね。だからラブホ近くの店をチョイスするのはナンセンス、やめたほうがいいです。

 

 

 

次の日が休みじゃないとエグい

 社会人の皆さん、セックスしたいなら次の日が休みの日を選びましょう。私も実体験で社会人の彼氏と付き合ってた時に、お酒の勢いとかも余って、そのつもりはなかったんだけどラブホに宿泊することになったことがありました。私は学生だったから次の日が普通に大学がある日でも何とでもなるけど、当時の彼氏は次の日が仕事だったみたいで大変でした。前日のお酒は抜けないし、寝坊してシャワーする暇もなく慌ただしくホテルを出ることになって、雰囲気も何もなかったのを覚えてます。本当最悪でした。私みたいに学生なら次の日を気にすることはないけど、カップルのどちらかが社会人の場合は、次の日のことを考えてセックスしましょう。

 

 

 

相手のことをとにかく褒める

 Hまで持ち込みたいというと思う女性との出会いの場は様々だと思う。合コンであったりナンパであったり、もしくは何度も何度もアプローチしてやっとデートまでこぎつけた場合もあると思う。出会いの場がどこであれ、ラブホ前には必ず一緒に食事なりお酒を飲む機会を作って、そこで相手を褒めまくることが重要。女の子は褒められ好きが多いし、ちやほやされると嬉しくなる。

 ただ褒める箇所はその子のファッションであったり、髪型など容姿以外のことのほうが無難。例えば「そのネックレスすごい似合ってるね。」とか、「髪ほんと綺麗だね。どんなケアしてるの。」等。顔や身体のパーツに関しては、男性が思ってる以上に、女性が自分自身で感じているコンプレックスが非常に大きい場所だから避けたほうが良い。お酒の力も借りて、小さな部分を大げさに褒め続ける。そうすることで、細かいところも見てるよっていうアピールにつながって、女の子的にはちやほやされている感覚になる。

 

 

 

目を見て相槌をする

 これは実際私も夜の仕事の場でやっていたんだけど、とにかく話を聞いているよということをアピールするために常に相槌をしていた。正直言うと、人って聞くより話す方が確実にストレスが少ないから、相手の話を全部真剣に聞くのは非常に忍耐力を要する。だからなんでもいいから、「ヘぇ〜」とか「そうなんだ〜」、「うんうん」などのように相槌をすること。その時に必ず相手の目を見て相槌すること。プラス、これも実際やってたんだけど、余裕があれば相槌をするときに目を大きく開くことで相手に興味を持っているよということをアピールできる。

 

 

 

触れるぐらいの距離感を作る

 1軒目でも構わないけど、もしそのあとに2軒目に行くことになった時は、向かい合わせの席じゃなくて横並びの席を選ぶといいかも。っていうのも、さりげなく触れることで、相手を安心させたいから。

 私が夜の店で接客するとき、結構距離感を大事にしてた。さりげないボディタッチはするようにしてたし、話しているときとかに横並びで膝と膝をぶつけるぐらいの距離に座るように意識するようにしてた。だから、2軒目では、横並びできるカウンター席などをチョイスして、膝と膝もしくは肩と肩が触れ合ってしまう状況を作り出す。そうすると距離も近くなるし、雰囲気も男女のディープな感じに近づく。

 

 

 

お酒の力を借りる

 これは鉄板。良くお酒の力を借りてセックスするなんてと愚痴る女子がいるのも事実だけど、女目線からして、女の子もお酒の力がないとセックスで大胆になれないと思うから、大いにお酒の力は利用すべしと思う。ただ飲み過ぎは本当に注意。特に赤ワインとか、度数の高いお酒。女性が飲みすぎると、それこそ本来セックスする目的でラブホテルに行くところを、泥酔して休憩するために行くことになってしまう。

 また、男性自身が飲みすぎると、それこそいざ本番の時に飲み過ぎで全く勃起せず、結局セックスできずじまいというのがある。だから適度に、ほろ酔いぐらいで男女ともに止めておくのが無難。

 

 

 

いざ。ホテルへ。

  いざ1軒目なり、2軒目の店を出て、本来の目的地であるラブホテルへ女性を誘う。

 

①駅に向かうかのようにさりげなくホテル街の方向へ連れて行く

 これはなんか実体験であるけど、本当に酔っ払ってて、その人がどこに向かっているのか分からなくて、気付いたら道玄坂のラブホの前に来ていたことがあります。正直初めて2人で飲んで、2軒目でいきなりそういう状態だったから断れなくて、その日はラブホに泊まっちゃいました。ただ次の日家に帰って冷静になった時、ありえないなと思ってその人とはそれきりです。私はこういうさりげなく持ち込もうとする態度、嫌いですけど、ワンナイトラブを望んでいるなら後でどう思われるか関係ないし、ある意味スマートな誘い方かと思うかな。完全ワンナイト向けですね。

 

 

②ストレートに「ホテル行こうか」

  私はお店を出た後にこのあとどうするってなった時に、はっきり「ホテルに行こう」って言ってもらった方が、回りくどやり方よりも何倍も好感が持てるしスマートだと思う。女の子目線でも、1軒目、2軒目と一緒に過ごすうちにそれなりのいい雰囲気を作ってもらえればこのあとどうなるか、どうなりたいかをある程度想像します。だから、いい雰囲気でデートして、ほろ酔いになった状態なら、頭の隅っこには「このあとホテルかな」っていう気持ちがあります

 私の知り合いに聞いたパターンでは、まず1軒目のお店選びで駅から離れたところを選ぶ。そこで現地集合してご飯を食べる。ある程度お酒も飲んでほろ酔いになったら、帰るにしても駅から離れているからタクシーに乗る。タクシーの中でストレートに「ホテル行きたいんだけど」っていうらしいです。私的にはすごいスマートでいいなと思いますね。

 

 

 

最後に

 結論、1番大事なのは最後のラブホにどういう言葉・行動で誘うかよりも、そこに至るまでの雰囲気づくりなんじゃないかなと思います。女は心でセックスを感じています。だから心がこの人とセックスしてもいいなって少しでも思えるような雰囲気づくりが大切です。ただ女性は気まぐれなので、あんまりがっつかれても嫌だし、逆にがっつかなすぎても嫌です。そこは忘れちゃダメなところですね。

 

 読んでいただきあるがとうございます!!よけれブックマークお願いしますね!!